seadasとは?

やがて大輪の花を咲かせるであろう[Seed/シード(種)]を見出し、
未来の社会という大海原[Sea(海)]へ送り出す――――。

2015年9月、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals(SDGs)」へのコミットは、
クリーク・アンド・リバー社にとって最重要テーマのひとつ。私たちは、その実現に向け動き出しました。
それは、オープンイノベーションを加速させること。
研究開発や新しい産業・ビジネスを創出する上で必要不可欠なのが、最先端の技術・材料・理論などのシード(種)です。
しかし、それがどんなに革新的なシードであったとしても、必ず花を咲かせ実を結ぶとは限りません。
クリーク・アンド・リバー社は、他に類をみない独自の幅広いネットワークを駆使することによって、
先入観に捉われない発想でアプローチし、誰もが想像し得なかった領域・業界での応用を橋渡しします。
シードの可能性を最大化させ、持続可能な「未来の社会」へと導くことが、私たちのミッションなのです。

※seadasは、オープンイノベーションをプロデュースするC&R社の事業名称です。

SDGs について

SDGsとは

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)の略で、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国のだけでなく、先進国含む全ての国の達成目標です。
日本政府も積極的に取り組んでおり、各国政府、市民社会、民間セクターなどすべてのステークホルダーが目標達成の実現に貢献することが期待されています。

[ 17の持続可能な開発目標 ]

事業の仕組み

C&R社のオープンイノベーションプロデュース事業"seadas"は、研究者・技術者のネットワークと
グループが擁する多種多様なプロフェッショナルの叡智をかけ合わせ、
お客さまの事業構築や新たなサービス創出を支援します。

  • 既存のビジネスに
    技術を結びつけたい
  • どんな技術があるのか
    知りたい
  • 世の中の
    マーケットニーズが
    知りたい
  • 課題に対して
    企画提案をして欲しい
  • 共同研究を
    積極的に行いたい
  • 研究や開発の成果を
    企業にプロモーション
    したい
  • 技術転用の
    アイデアが欲しい
お問い
合わせ